海外で働くのに必要な英語力を楽しみながら身に付ける方法とは?

語学

 

海外で働くには語学力は必要なのは皆さんの認識通りですが、どの程度求められるか?

→ 日常会話程度、TOEIC 500~600程度の英語力は多くの国で基本的には求められます。

もちろん働く国によって大きく異なりますが、現地採用として働くのであれば、基本、英語+現地語が出来るのがベストです。

海外で、日本と同じく英語が苦手と言われているタイででも仕事上最低限の英語力を求められることはよくあります。

特に、最近のタイ人は語学力をYoutube等で磨いている為、こちらがタイ語で話しても英語で返してくる人も多いのです!英語力が高いと結構一目置かれたりもします。

現地採用の場合は、英語が出来る事+現地語が出来ることを求める会社も有り、逆にその両方が出来ると強みになりますので給料アップ、給料交渉に非常に役に立ちます。

これから海外で少しでも働いてみたいと思っているけど英語力に自信を持てない場合は、まずは耳を英語に慣らす事が大事ですので、毎日10-15分とかでも英語に触れる時間を作っていけば良いと思います。

確かに英語力を高めることは難しいですが、大事なのは、難しい単語を並べるのではなく、簡単な単語での組み合わせを出来るだけ多く自然に話せることです。

中学~高校程度の英単語で日常会話は十分可能です。

ただし、プレゼン、スピーチ等が必要な場合は、さらに英語力が必要です。

私は英語はこれまで20年以上ビジネスで使って来ていますが、語学留学経験が無いため、本当に仕事実務と家で勉強したりオンライン英会話をする事によって磨いてきました。

自分の経験では、DMM英会話とかネイティブキャンプとか試してみましたが、価格.comでも上位ランキングされている通り、Cambly(キャンブリー)が一番良かったです。

<お勧め理由>

①米国・カナダ・英国などのネイティブスピーカーが多数在籍。講師は10,000人以上。

②相手のレベルに合わせて会話してくれる。例えば、英語がそれなりに出来る人には、わざとその人の少しだけ上と思われるような言い回しとか単語を使ってくれたりする。

③レッスンのクオリティが高い。説明が分かりやすい。

④料金プランを月の途中でもいつでも変更可能。




デメリットは、やはり料金がDMM英会話など他社と比べて少し高いということのみです。

欧米のイケメン男性、ブロンドの美人な女性など、お気に入りの講師を見つけてその人と会話するのが楽しみになるくらいが、英語に対する苦手意識を持っている人にとっては、【勉強】と身構えることなく始めやすく継続しやすいため、そういった楽しみを見出すことが大切なことでもあります。

講師陣、レッスンのクオリティを考えると、Camblyが断然お勧めです。

もちろん無料体験実施中ですので、まずは他オンライン英会話学校も含め、一通り受けてみて、各校での印象を自分でメモにまとめてから決める方が良いかと思います。

 

本格的な英語学習より、より気軽に英語学習を始めたいという方には、アニメ、映画、ニュースなどで英語が苦手なユーザーでも快適に学習できる機能を備えた”EEvideo”がおススメです。
英語学習サポートはユーザーの英語レベルに合わせて表示でき,PCとiOSアプリ,Androidアプリに対応しています。無料でも利用できますが、すべての動画を視聴するプランは30日500円です。

学習サポートとして、動画上に字幕を表示し、文構造やルビ訳などの学習サポートを添えることができます。

本日は上記2つの英語学習プログラムを紹介させて頂きましたが、ご興味があればまずは少しずつでも行動することが大事です。

今はまだ英語力に不安があっても、海外に来てから現地で英語学校に通えば良いですし、日常生活でそのまま英語を活かせるため、学ぼうという姿勢が一番大事な事です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

本記事が少しでもお役に立てたのであれば、↓のブログコミュニティのアイコンをワンクリックして頂けますと幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました