【海外就職したい50代、60代の人】諦めるのはまだ早い!

海外就職方法

日本では、一般的に、50代、60代ともなると転職が難しいという世代になってきています。

一方、海外では年齢は重視されず、即戦力としてどれだけ会社に貢献してくれるか、言い換えれば、貴方の経験、スキル、人脈、管理能力などを見ているため、50代、60代で転職する人も珍しくありません。性別も関係ありません。

50代、60代で海外在住経験が無いが海外就職したいという人には、私は東南アジアでの海外就職をお勧めします。

理由は、年齢的に大きな環境変化への対応が厳しくなっており、欧米に比べ、環境変化が大きくない、気候的に温暖、親日国も多い、言語面でも比較的対応しやすいことなどからです。

その代表的な国が、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシアなどです。

特に、タイ、マレーシアはシニア世代の人が住みたい国トップに常にランクインしているくらい人気です。私は現在もタイ在住ですが、50代、60代の日本人も多く見かけます。

一度きりの人生、東南アジアへの海外就職にチャレンジしたいと思われている50代、60代の方は最後まで読むことで海外就職の成功への近道になるでしょう。

 

50代、60代が必ず登録すべき海外就職エージェント厳選2社

1) リクルートエージェント

【2023年2月時点】タイで50代、60代歓迎新着求人64件、語学不問求人も有り。

【2023年2月時点】ベトナムで50代、60代歓迎新着求人51件有り。

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1、業界最大級の非公開求人数(10万件以上)有り、上記のように、タイだけでも64件、ベトナムだけでも51件と求人数も多く、東南アジアでも屈指の求人数を誇っている為、是非とも登録しておくべき転職エージェントです。当然登録料等一切費用はかかりません。

 

2) エンワールド・ジャパン

求人数は常時10,000件以上保有、転職成功者のサービス満足度97%、グローバル人材に特化した転職エージェント。外資系から日系グローバル企業まで幅広く扱う。現在エンワールドは、海外求人の取り扱いはないようですが、国内の有名外資系企業や日系グローバル企業の案件を保有しているため将来的に海外勤務も可能性としてあります。

外資系企業や日系グローバル企業に転職して、現地の駐在員を目指すなら、非常に強い味方になりますので、登録しておくべき転職エージェントです。当然登録費用等一切費用はかかりません。

 

転職エージェントへの登録は海外就職の第一歩です。

50代、60代ともなれば、子供も大きくなり手がかかることも少なくなるため、これまでご自身がチャレンジできなかった夢、やりたい事などをするために、海外在住、海外就職を考えられる人も増えて来ています。

特に東南アジアでは、まだまだ日本で長年培ってきた貴方の経験、スキル、ノウハウ、人脈、管理能力等を必要としている会社も多くあります。

理由は、東南アジアの大半の国では、日本という世界No.3の経済大国で長年仕事をしてきた経験・ノウハウなどを共有して欲しいという想いもありますし、東南アジア諸国の平均年齢が日本(約48歳)と比べて若いというのもその1つです。

東南アジアでは平均年齢が高いタイですら38歳、マレーシア29歳、ベトナム31歳、インドネシア30歳です。

東南アジアには日系企業は多くあり、その会社で働く人々が若く、まだまだ仕事面で教えることが沢山あるのです。

海外で働いている日本人はシニア世代でも元気で若々しい方も多いです。

それはそういう若い世代の人たちと一緒に仕事をすることで自分自身もパワーをもらえるからだと個人的には思います。

 

これからの残りの人生は、自身がやり残していて、いまだにやってみたいと思うことを実現することに注力されてみてはいかがでしょうか。そのツールが海外就職です。

あわせて読みたい
英語が話せなくても海外で働ける!オススメの国・職種を解説
本記事では、英語が話せなくても海外で働けることを解説しています。英語が話せなくても働きやすいオススメの国・職種を例を挙げて紹介しています。国別では、いかに日本語環境が多くある国か、職種別では、いかに英語を使う頻度が低い職種かで決まります。通...
【海外就職】タイ就職に役立つ転職エージェント!
本記事では、タイ現地採用の海外就職に役立つ日系転職エージェント5社をその特徴とともに紹介しています。その5社ともに、私自身利用させて頂いた経験があり、各社ともに海外就職する人への転職サポートだけでなく、生活面(食事、交通の便、物価、治安など)でのアドバイスも気軽にして頂けます。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

本記事が少しでもお役に立てたのであれば、↓のブログコミュニティのアイコンをワンクリックして頂けますと幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました