海外就職方法

海外就職方法

英語を使う仕事27選!英語レベル別に紹介!

英語を使う仕事27選を英語のレベル別(TOEIC点数レンジ別)に紹介。現在の英語力でどういった仕事ができるのか、自分がやってみたい英語を使う仕事をするのにどれくらいの英語力が必要になるのかなどの参考になる内容になっています。大切なことは、英語+αです!
海外就職方法

海外に仕事で行ける5つの方法、職種18選を紹介

海外に仕事で行ける方法としては大きく分けて5つあります。グローバル日系企業への就職が一番その機会が多くあります。グローバル日系企業で既に海外拠点を持っている場合は、現地支援、現地指導などで海外に仕事で行く機会は多くなり、これから新しい海外拠点を立ち上げる時も同様です。
海外就職方法

転職失敗経験(20代、30代、40代)、転職失敗からの再起

20代、30代、40代のそれぞれの世代での転職失敗談です。転職回数が多い人ほど転職失敗のリスクも上がります。筆者自身も転職回数は10回も経験しており、そのうち3回は転職失敗だったと言えます。転職失敗する要因は様々ですが、多いのは、想定よりはるかに多い仕事量、人を育てる環境が無いなどです。
海外就職方法

海外就職は本当に難しい?海外就職経験者がその理由を解説

海外就職が難しいと言われる理由が大きく3つあります。語学力を求められること、実力主義であること、海外の日本人需要が減っていると一部で言われていることなど。しかし、実際は働く国をきちんと自分のスキル・適性に合った国にすれば、難しいことはありません。
海外就職方法

英語力を活かす求人に強い転職エージェント厳選6社

英語力を活かす求人に強い転職エージェントは、英語力レベルによっても変わってきます。本当にネイティブ英語力がある方には外資系転職エージェントが良い場合もありますし、ビジネスレベルであれば、英語力を活かす求人を多く扱う日系転職エージェントという選択です。
海外就職方法

新卒で海外就職しやすい方法とは?

新卒で海外就職しやすい方法を、国、職種を基に解説しています。それ以外にも、インターン後の現地就職、ワーキングホリデー後の現地就職などがあります。新卒で海外就職しやすい国は、タイ、フィリピン、インド、カンボジアです。
海外就労

【未経験】から海外就職できる5つの方法!未経験歓迎求人もあり

未経験から海外就職する方法はいくつかに分けられますが、待遇面、安定性、低リスクを一番に考えれば、海外駐在員が王道です。しかし、海外駐在員以外にも、若い年代の方であれば、海外留学後に現地就職、ワーキングホリデー後に現地就職などがあります。
海外就職方法

【海外就職: 成功への道】~ 知っておくべき大事な7つのステップ ~

海外就職を成功に導くためには7つのステップがあります。1.目標設定と自己評価、2.目的地の選定と調査、3.必要なスキルと資格取得、4.ビザ申請と法的な手続き、5.ネットワーキングと求人情報の活用、6.カルチャーショックの対策と適応力の養成、7.成功への道を歩むための継続と成長です。
海外就職エージェント

海外転職エージェントと海外転職サイトの違い

海外転職エージェントと海外転職サイトとでは、転職活動者にとっては大きく異なる為、その違いをきちんと認識しておく必要があり、それぞれを活用しながら海外転職活動を進めていくことでより有用な情報を得られます。
海外就職方法

海外の採用担当者が書類選考・面接で見るポイント

海外の採用担当者は、日本での採用担当者が見るポイントとは異なります。日本では決まった履歴書、職務経歴書フォーマットに記載するのが一般的ですが、海外では決まったフォーマットというのは基本的になく、その作成方法も個性ですし、PR方法も個性です。